マッサージとは皮膚に直接求心性の手技を与える方法で、オイルやクリーム、パウダーを使うことが多いです。

主に血流を良くしたり、リンパの流れをよくしたりする効果があります。マッサージをうけることで、副交感神経が活発になります。つまり、緊張状態からリラックスできる状態へなるのです。ストレスが過多になると交感神経が活発になるといわれています。交感神経と副交感神経のバランスを保つことが重要なことになります。リラックスできる状態になることで、ストレスも解消され、不眠も解消されるなどの効果が期待できるのです。

また、免疫力が増えるともいわれています。免疫とは、体の防御反応で、ウイルスや最近から体を守ってくれる働きがあります。マッサージによって、この免疫に関係する細胞が増えることがわかりました。つまり、風邪がひきにくくなったり、さまざまな病気にかかりにくくなったりします。血液の流れがよくなったり、リンパの流れがよくなることで、むくみも改善されます。リンパの中には老廃物や疲労物質が含まれていますが、これが血液の循環で流され、肝臓や腎臓できれいにされて戻ってくるしくみになっています。

そのため、リンパの流れが悪いと体にとって不要なものが排出されにくくなってしまうのです。また、筋肉の繊維をほぐし、疲労回復の効果もあります。硬くなった筋肉をほぐして柔らかくすることで肩こりなどが解消される場合もあります。このように、マッサージにはさまざまな効果があるのです。
西宮の腰痛整体のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *